低価格の秘密 こだわり 住宅展示場 会社概要 オリジナル商品

ハウジングトップ新築住宅

ハウジングトップの地震対策

全棟 制振装置 標準搭載

ハウジングトップでは地震対策に力を入れております。
近年度重なる地震、今後予想されている地震は誰でも心配な部分です。
せっかくの新築ですので地震対策も万全でありたい。
ハウジングトップでは全棟・全シリーズに制振装置を標準搭載しています。

 

耐震 + 制振 

耐震にも様々な基準があります。

「耐震 = 家が壊れない」ということではありません。

《耐震の定義》

震度5以下の中規模な地震に対しては大きな損傷はしない。

震度6以上の大地震に対しては居住者の命を守る(倒壊しない)事を目的とする。

《制振の定義》

地震によって起こる振動エネルギーを吸収し建物の揺れを小さく抑え衝撃を和らげること。

建物の損傷が軽減されるため、本震や繰り返しの余震に有効。

 

地震が発生すると、その地震が発生した場所でそれより小さい地震が多数発生します。

最初の地震を本震、それに続く小さな地震を余震と言います。

地震による家屋への影響は 本震に耐えて弱くなった躯体が余震によって追い打ちをかける形となり損傷や倒壊に及ぶケースが多く見られます。

本震の衝撃に耐えて躯体を守る「耐震構造」  

余震による躯体損傷を軽減する「制振装置」

つまり「耐震」に「制振」を加えることが戸建て住宅の地震対策としては有効性があるといえます。

 

耐震 + 制震  

 

前のページに戻る ≫